SINCE 1989

モケレンベンベとは、アフリカのテレ湖に棲むという幻の恐竜です。
その意味は「虹とともにあらわれるもの」。
私たちは既成のワクにとらわれず自由な表現活動をめざしているプロジェクトです。
1990年より演劇公演、各種ワークショップ、映画上映会などを行ってきました。

【お知らせ】
「hot cafe ほっぺた館」今年は4月5日から営業開始します!
営業日: 4月〜11月 水〜日曜/ PM12:00~16:00 (夏季~17:00) 
★イベント開催日は通常営業休み
定休日:月・火曜 *冬季は予約注文・イベント時以外休業
 
昨年好評だった「流木アートワークショップ」の結城幸司さんによる版画ランプづくりです。
ちいさな灯りで浮かび上がる版画ランプ(10cm×10cm)の製作とお話づくりを行います。
版画ランプに照らされて、どんなお話が出来上がるかお楽しみ!

材料や道具はこちらで用意しますので、お気軽にご参加ください。また定員に限りがありますので、必ず事前にご予約をお願いします。

参加費:3,000円(ほっぺた館特製ランチ付き)
 
 
 5/6(土)
18:00〜前夜祭(短編3本上映)1ドリンク+カンパ制・要予約
『坐る9条/2017版』
『ナメクジの空中サーカス 廃屋に潜む大群』
『かくも多様なブラジル〜ブラジルの心霊画家』
19:30〜ブラジルナイト交流会 参加費1500円(岡村レシピブラジル料理1プレート+1ドリンク付き)定員15名・要予約
*宿泊も数名様可能。別途、予約先着順です。

5/7(日)
11:30〜hot cafe ほっぺた館オープン
*三種のほっぺたやき、炭火で煮込んだスープなど、鑑賞前に軽食をどうぞ。
**魚_座劇場参加は1ドリンク+カンパ制
13:00〜魚_座劇場 第一部 『消えた炭鉱離職者を追って・サンパウロ編』
15:30〜休憩
16:00〜魚_座劇場 第二部 『赤い大地の仲間たち フマニタス25年の歩み』
17:30〜岡村監督とギョーザで語ろう会 参加費1500円(炭火焼きギョーザ+1ドリンク付き)定員15名・要予約

全国各地の上映会に立ち会うため、日本とブラジルを行ったり来たり大活躍の岡村淳監督ですが、北海道での上映会は8年ぶりとなるそうです。
心待ちにしていた方も、初めての方も、是非この機会をお見逃しなく!
 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
  場所:虹のしっぽ(札幌市南区簾舞4条3-4-25)
* 交通
「札幌駅バスターミナル中レーン12番のりば」…定山渓・豊平峡温泉行もしくは豐滝行 乗車60分「東簾舞」下車徒歩5分
または
「真駒内駅バスターミナル4番のりば」…定山渓・豊平峡温泉行もしくは豐滝行 乗車30分「東簾舞」下車徒歩5分
お問合せ・予約先: モケレンベンベ・プロジェクト(及川) tel&fax 011-206-0804  
mail:mokele★rr.iij4u.or.jp  ★を@に変えてください。
 
hot cafe ほっぺた館 バックナンバー
更新日:2017年3月22日